井上フヂヲ(サウンドトレジャー・イノウエ)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など

15:30~フジオのラジオ

金曜日です。

あれからもう1週間です。

本日15:30~

ネットラジオ「フジオのラジオ」

ネット検索→「ねとらじ」→番組検索→「フジオのラジオ」

放送時間外は検索しても出てきません。

放送時間15分前からBGM流しておきますので、15:20あたりから検索可能になると思います。

今日もメールやBBSで絡んでくださいね。


【サックスとfujiborn】
音が痩せてしまうとき、マウスピースからサックスのベルまで息を通すイメージで吹くと改善できるかも。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

第1回フジオの音楽理論~スケール(1)~

明日15:30~、「フジオのラジオ」第2回目の放送です。
今回もメールとかでじゃんじゃん参加してくださいねー。

今日から毎週木曜日、または木曜日らへんに「フジオの音楽理論」と題して音楽の理論に関することを書いていこうと思います。

第1回目の今回は「スケール」の超基本、「ドレミファソラシド」について。スケールとは音階を意味します。理論を身に付けたい方はこういった「音楽の専門用語」もしっかりと覚えるようにして下さい。
ピアノやキーボード、鍵盤ハーモニカが手元にある方はそれを使いながら読むとわかりやすいです。

通常の曲に最も使われ、「ドレミファソラシド」と言った場合に頭に浮かぶこのスケールを「メジャースケール」と呼びます。
この「メジャースケール」という音階がどのようにして決まるかといいますと、隣り合う音と音との間隔の組み合わせで決まります。

ここから鍵盤を使います。
例えば、ドとレの間隔。
ドの白い鍵盤と隣のレの白い鍵盤。ドとレの間には黒い鍵盤がありますね。
同様に、レとミの間隔。やはり間に黒い鍵盤があります。

次のミとファ。間に黒い鍵盤がありません。
なぜ黒い鍵盤がないのかといいますと、ミとファの音の間隔が、ドとレ、レとミの間隔の半分だからです。黒い鍵盤が入れないのです。

黒い鍵盤のないミとファの音の間隔は他の半分ですからということで、「半音」と呼びましょう。
それに対して、ドとレ、レとミのように黒い鍵盤が間にある音の間隔を「全音」と呼ぶことにしましょう。

ドとレの間隔→全音
レとミの間隔→全音
ミとファの間隔→半音

ミとファまでいきましたから次はファとソ。
間に黒い鍵盤がありますのでファとソの間隔は全音。
ソとラの間にも黒い鍵盤があります。ラとシの間にもあります。

ファとソの間隔→全音
ソとラの間隔→全音
ラとシの間隔→全音

ではシとドの間隔はどうでしょうか。
黒い鍵盤がありませんね。だから半音です。

シとドの間隔→半音

まとめますとそれぞれの音と音との間隔は

ド(全音)レ(全音)ミ(半音)ファ(全音)ソ(全音)ラ(全音)シ(半音)ド

全音を「全」、半音を「半」に省略して表記しますと
つまり、ドレミファソラシドのそれぞれの音と音との間隔は

全ー全ー半ー全ー全ー全ー半

と、なります。

では次回はこの、メジャースケールの音の間隔を応用して、ド以外の音から始まるメジャースケールについて書いてみようと思います。


【サックスとfujiborn】
薬指と小指をうまく動かせるようになると練習がスムーズになります。

サウンドトレジャーhttp://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

ブレスレッサン

サウンドトレジャー・オリジナルネックレサンと共に最近はブレスレッサンを製作しております。
手首に着けてなんだかええ感じのやつです。

そもそも、なんでわたくしがアクセサリングメイキングハッピネスなのかと申しますと、ミュージシャンだからです。

ミュージシャンって楽器もさることながら、ファッションもチェックされることが多いのでございます。
ステージ上で1時間~2時間演奏し、その間お客様はじーっと演奏者を見ているわけですからチェックするつもりはなくとも、服装までもが記憶に残るのかもしれませんね。

そこで、見て楽しめるアクセサリングとして考案しましたのがサウンドトレジャー・オリジナルアクセサリングです。

瀬戸内海のシーグラスを使用した唯一無二のアクセサリング。
全く同じ作り方をしてもシーグラスの形や色合いが違いますから、それぞれが独特なものになります。
ミュージシャンの個性を際立たせる世界に1つだけのアクセサリーですから、1人で幾つも購入されるお客様もいらっしゃいます。

演奏の動きに合わせて胸元で揺れるネックレサンは、ミュージシャンの心の動きを表現しているようであり、手首に着用されたブレスレッサンは、指先から織りなす音色に奥深い色彩を与えるのでございます。

ミュージシャンでなくてももちろん構いません。
ありきたりな服装であってもサウンドトレジャー・オリジナルアクセサリングを身につけることによってあなただけの世界が広がりますし、個性的なファッションの方が身につければ、それを更に際立たせることが可能です。
どんなファッションであれ、サウンドトレジャー・オリジナルアクセサリングによって作りだされる特別な空間があなたを包み込むことでしょう。

リズミカルに打ち寄せる波によって長い時間をかけて形成されたシーグラスに、わたくしの「夢中」と「熱中」と「宇宙」を込めて製作しております、サウンドトレジャー・オリジナルアクセサリング。

絶賛控えめ販売中。
写真(3)


【サックスとfujiborn】
サックスが冷えていると音が割れたり裏返りやすいですから、演奏前には自分とサックスのウォーミングアップをしましょう。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/
ギャラリー
  • 2万円のサックスだった
  • 絵の売り上げの半分くらいを寄付します
  • 11月のライブ予定
  • 11月のライブ予定
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 9月のライブ予定
  • 尾道をモチーフにした絵
  • 演奏精度を高め、且つ時間短縮できる練習方法
  • 4ヶ月ぶりのMISP
  • ジャズらしいフレージングのコツ
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • アドリブ解説動画