メジャースケールの音を4つ重ねてできるコードを「ダイアトニックコード」といいます。


例えばCメジャースケールの場合ドレミファソラシのそれぞれの音をルートにしたコードを作ることができます。
これを順に並べると

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(-5)


で、このダイアトニックコードがジャズのアドリブをする上で大切な要素となります。

Cメジャースケールのダイアトニックコードであれば全てドレミファソラシドでアドリブをすることが可能です。


例えば
| CM7 | FM7 | Dm7 | G7 |
| Em7 | Am7 |Dm7 G7 | CM7 |

ポップな感じのコード進行ですがこのようなコード進行の曲があるとしましょう。

全てCメジャースケールのダイアトニックコードなので、この曲ではCメジャースケールの音でアドリブをすることができるということがわかります。


ジャズの場合は曲の中でキーが変わるものが多いです。
ダイアトニックコードを覚えることで、キーがどのように変わったかを把握することもできるようになります。




【サックスとfujiborn】
いつも同じ姿勢で楽器を構えることができるのも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/