楽器を演奏せず楽譜を見ているだけのときは音階がわかるのに、いざ演奏し始めると同じ箇所の音符を繰り返し読み間違えたりわからなくなったりすることはありませんか?


考えられる理由は3つ

①きちんと理解していない
「ラ」の一つ下の音はなんですか?
「レ」のひとつ上の音はなんですか?
「シ」に一つ下の音はなんですか?
上の質問に対して少し考えてしまうようであれば、先ずはドレミをしっかりと理解しましょう。
毎回ドから数えるようだと楽譜を見てすぐに音階が出にくいので「シ」をレやソに読み間違える原因となります。


②丸暗記してしまっている
初心者の場合、楽器の操作やリズムに合わせるなど演奏時に複数のことに気をつける必要がありますので楽譜を暗記するのは有効です。
しかし、暗記した場合には目の前の楽譜を読んでいるようで実は読んでいない状態になることが多いです。これだと曲が変わる度に「楽譜を読む」ことよりも暗記することに意識がいっています。
結果として楽譜を読むことがなかなかスムーズになりません。


③先へ先へといこうとして(焦って)いる
レッスン中に楽譜が読めなくなる原因の殆どがこれです。
楽器を演奏せずに音階を順番に言ってもらうときには間違えないのですが楽器で順番に音を出していこうとすると途端に間違えてしまう現象です。
楽譜においては同時に隣同士の音を演奏することはありません。
例えばサックスなら一度に出す音は一つですしピアノであれば縦に並んだ音だけを出します。
もっと分かりやすく説明すると1拍目に2拍目や次の小節の音を同時に出すことはありませんよね。

にも関わらず。。。
演奏することに何故か焦ってしまって今出すべき音とは違う音に意識が向いてしまい
「ラ」なのに「シ」、「ファ」なのに「ド」といったように混乱していくのです。
こうなってしまうともう演奏どころではありませんので一旦楽器から離れてお茶でも飲んだほうがスムーズです。


楽譜を読むのにまだまだ慣れていない方でも、音符を個々に見ていくと予想以上にスラスラと読めることは初心者の生徒さんでもよくあることです。

楽譜を読むのに酷く苦労してしまうと精神的にとても苦手に感じるようになってしまいますので、先ずは「落ち着いてゆっくりと順番に」音符を見ていく癖をつけましょう。



【サックスとfujiborn】
好きな音、好きなフレージングなど憧れのプレイヤーがいると上達が早い

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/