井上フヂヲ(サウンドトレジャー・イノウエ)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など

ジャズ

「枯葉」のアドリブ練習用動画

YouTubeにアップしております「やってみようアドリブ」シリーズ。
久しぶりの更新になりましたが、今回はAutmn Leaves(枯葉)のアドリブ練習用動画をアップしました。

セッション形式で一緒に演奏する感じの動画にしてありますので楽しく活用して頂けると嬉しいです。

説明欄にそれぞれのキー(C、Eb、Bb)の楽譜データのリンクを貼ってありますのでダウンロードしてご使用ください。

やってみようアドリブ〜9〜「枯葉でセッション」の巻
https://youtu.be/Auw_ItLTeqc



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


マイナーツーファイブ練習用マイナスワン

先日作ったメジャーツーファイブのマイナスワン(カラオケ)に続き、マイナーツーファイブの練習用マイナスワンをアップしました。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL-ShCh7-NQBDmZ-e6McGDDqfZ9p0shed1

ピアノ、ベース、ドラムの伴奏なので管楽器やギター向けです。


アドリブのやり方については同じ再生リスト内「やってみようアドリブ」で解説しています。

「もっと詳しく聞きたい」とか「アドリブのレッスンを受けたい」という方、個人レッスンを受け付けております。
詳細はこちら
http://soundtreasure.livedoor.blog/archives/56843494.html



【サックスとfujiborn】
いつも同じ高さで楽器を構えることも上達には必要

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ジャズらしいフレージングのコツ

昨日は「ジャジーなフレーズのコツ」というタイトルでアドリブ解説動画をYouTubeにアップしました。

「スケールはわかるけどアドリブがわからない」
「アドリブはそれなりにできるけどジャズらしいアドリブにならない」
と感じている方に役立てたらという内容です。





【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブ解説動画

アルトサックス用アドリブ解説動画を作りました。
アドリブのことが全くわからなくても徐々にできるようになる参考資料になればと、これからシリーズ化して増やしていく予定です。





【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ツーファイブフレーズの解説

ジャズスタンダードでのアドリブに欠かせないのが「ツーファイブ」のフレーズです。

「ツーファイブって聞いたことはあるけどイマイチよくわからない」という方のために解説をしようと思います。

まず「ツーファイブ」とは、2と5。
で、なんの??
というところではないでしょうか。

この2と5の根拠はダイアトニックコードにあります。
例えば今回の解説ではCメジャースケールから構成されるダイアトニックコードを用います。

Cメジャースケールで構成されるダイアトニックコードは
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5
(ジャズとしての解説なので3声ではなく4声にしてます)


そして、この中の2番目のDm7が「ツー」、5番目のG7が「ファイブ」です。
で、ツーファイブの後にはワンが来ますが1番目のCM7となります。


先ほども書きましたがCメジャースケールで構成されているのでアドリブに用いるスケールもCメジャースケールとなります。

では実際の譜例です。

先ずはシンプルに、CメジャースケールをDm7のルートから上昇し、次にG7のルートへ繋ぐため一旦下がり、今度はG7のルートから上昇。同様にCM7のルートに繋ぐために下がる。
という組み立てで以下のフレーズができます。
A8272538-0C87-4CDF-A109-677715206568


今度は下降してみましょう。
ルートからCメジャースケールで下降してコードが変わる前に一旦上がるというパターンです。
7319F9C5-152D-415E-BE9D-5C48959588DF


「でも、CDとかでこんなフレーズは聴いたことなーい」って感じるかもしれませんね。
それは、ジャズのアドリブ特にビバップなどのアドリブはアルペジオを多用するからです。

そこでこちらのフレーズ。
E13A836F-1190-4200-A607-D5F3836C94CF


いかがでしょうか?
コードトーンのアルペジオで上昇して次のコードのルートへとスケールで下降というパターンで組み立てたフレーズです。


更にジャズっぽく。
先ほどと同様にコードトーンで上昇してから今度はクロマチック(半音進行)で下降してルートへアプローチするというパターンです。
FE5278D7-C105-42E2-ADE5-E9DC484C1204


これならCDで聴くアドリブに近いイメージじゃないですか?

アドリブフレーズを作るのに、スケールだけで考えるとジャズっぽさを出しにくく、コードトーンだけで考えると機械的になりがちです。
スケールとコードトーン双方からのアプローチで「ジャズらしさ」が生まれてきます。


次回はマイナーツーファイブについて解説します。



【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆Fujio Inoue youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • 2万円のサックスだった
  • 絵の売り上げの半分くらいを寄付します
  • 11月のライブ予定
  • 11月のライブ予定
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 9月のライブ予定
  • 尾道をモチーフにした絵
  • 演奏精度を高め、且つ時間短縮できる練習方法
  • 4ヶ月ぶりのMISP
  • ジャズらしいフレージングのコツ
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • アドリブ解説動画