井上フヂヲ(サウンドトレジャー・イノウエ)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など

楽器

プロから見た楽器の上手い下手

初級の方が1年練習し続ければ中級の曲を演奏することはできます。
中級の方が1年練習し続ければ上級の曲を演奏することはできます。

時間をかければ多少レベルの高い曲もマスターできてしまうのが楽器の面白いところだとは思いますが、実際それをやって得られるのは「その曲なら演奏できる」という程度のこと。

レッスンでは1曲をマスターするのに2~3ヶ月を目安にしています。
生徒さんのやりたい曲をやるようにはしているものの、レベルからかけ離れている曲に関しては「もう少し上達してから」と言うようにしています。


テレビで「芸能人が全くの初心者から楽器を演奏できるようになる」という企画がありますが、あれは「その曲を演奏するためだけの技術」をレクチャーしているので不可能ではありません。
しかし「その曲」だけのためのレッスンですから恐らく全く応用のきかない状態になっていると思います。
企画ですから、その曲だけできれば問題ないですよね。


音楽教室のレッスンでお伝えしたいのは「楽器を演奏することの楽しさ」です。
色んな曲を自由に演奏できるようになることが大切だと思います。
より多くの曲を演奏するには「短期間で曲をマスターできること」だと考えています。

多くの曲を演奏することで「演奏におけるパターン」のようなものがわかってきます。
バラードにはどんな表現が合うか、ハイテンポな曲はどんなタンギングが合うか。
様々な曲で様々なニュアンスを知っていくことはそのまま「音楽のセンス」として体に染み込ませることができます。


難しい曲も時間をかければマスターできますが、それよりも簡単な曲を美しく演奏できることのほうが重要だと思います。
例えばライブで10曲を演奏するのにずーっと難しいフレーズばかりを演奏することはないので。


プロが着目するのは「曲をどれだけ自分のものにしているか」です。
2年間猛練習してマスターした曲ではなく「自分のレベルに見合った曲で自分らしい表現をどれだけできているか」です。

例えば演奏の仕事では当日に、ギリギリな場合では本番開始直前に楽譜を渡されることも珍しくはありません。
1時間程度練習して本番とかMCの間に譜読みをしながらどういった表現をするかイメージ作りをしたりです。更にはメインのミュージシャンやバンドに合った表現で演奏をする必要がありますから、そうなってくると自分の中にある演奏パターンの多さが必要になってきます。


期間を短く、且つただ楽譜通り演奏するだけではなく曲に合わせたニュアンスを自分なりに表現してみることが大切です。

アマチュアの方が「難易度の高いこの曲が演奏できます」というのをプロミュージシャンは「ほー、凄いねぇ」と言いつつも、どのくらいの期間で習得したのか、どんな表現で演奏するのか、そっちに興味があります。


本当の楽器の上手さは
・短期間で演奏できるようになる
・ただ楽譜の通りに演奏するのではなく自分なりの解釈での表現ができる
という部分に重点を置くのが良いです。



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/



音楽教室の役割

今回は僕が考える音楽教室の役割について。

僕は音楽の専門教育を受けていません。
楽器を習ったのはサックスを始めた中学1年の夏から2年の冬頃までなので1年と4ヶ月くらいだったと思います。

レッスンを辞めた理由は料金を払うのが面倒になった父親が
「もう行かなくていい」
と言って勝手に退会させられてしまったこと。

それでもサックスをはじめ音楽は大好きなので続けていて現在に至る。


正直なところ楽器は独学でも上達します。
練習をすればアマチュアとして活動する程度の演奏技術は習得できるし、今だとインターネットで基本的なことはほぼ全て調べることができるので。

では音楽教室の役割は一体なんなのか。
お月謝を支払ってレッスンを受けることでどんな利点があるのか。
以下に書いていきたいと思います。


【情報量が圧倒的に違う】
独学での楽器練習は「好きなこと」「簡単なこと」に偏る傾向があります。
余程ストイックな人でない限り、自分のできる曲や好きな曲の好きな箇所ばかりを練習してしまいがちです。

音楽教室では様々な曲を演奏しますのでジャンルも様々。
様々な曲を演奏すればリズムやキーも幅広く習得できます。

また、理論的なこと。理論までいかないにしても多くのヒントをレッスンで教えてもらうことができます。

例えば僕のジャズのレッスンで行う内容については、独学でやったのが原因で僕自身が理解するのに何年もよくわからなかったことが1ヶ月で理解&実技として習得できてしまうようなこともあります。
わからない人がわからないことを探すのと、わかっている人がわからない人に教えるのとでは圧倒的にスピードが違います。


【プロと一緒に演奏できる】
これは教室によりますが、僕の場合はプロサックス奏者としての活動とシンガーソングライターとしての活動をしていますので、レッスンではそういった現場で実際にやっているのと同じような演奏を生徒さんと一緒にやります。
生徒さんのレベルに関係なく、きちんとした演奏を聴いて頂くというのはとても良いことだと思っていますから、一緒に演奏しながら僕も楽しんでいます。

教室以外でプロミュージシャンと共演するのって結構大変じゃないですか?


【楽器の楽しさを実感できる】
これに関しては「レッスンを受け、且つ練習もきちんとできている」ことが前提となります。
楽器や歌の上達方法を習い、それを少しずつでも習得すれば今までにできなかったことができるようになります。
出なかった音が出るようになったとか、憧れていた曲が自分で演奏できるようになるのって本当に嬉しいです。僕自身ずっと体験してきたことで、これがなければ面白くないと思っています。


メインの部分はやはり「音楽の楽しさ」だと思います。
ソロ演奏やカラオケに合わせて一人で演奏したり歌ったりするのも良いですしバンドで演奏するのも良いんです。
楽しみ方は人それぞれ。

でもやっぱり歌が好きなら「上手く歌いたい」と感じることがあるでしょうし、楽器をやるなら「格好よく演奏したい」と思うことがあるでしょう。

音楽教室はそういった「音楽を楽しみたい」という気持ちを実現するお手伝いをする場だと僕は考えています。


稀にではありますがレッスンのお申し込みに来られたお客様の中に「え、練習しないといけないんですか?」と驚かれる方がいらっしゃいますので言っておきたいです。
練習しないと楽器も歌も上手くはなりません。



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/



マイナーツーファイブ練習用マイナスワン

先日作ったメジャーツーファイブのマイナスワン(カラオケ)に続き、マイナーツーファイブの練習用マイナスワンをアップしました。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL-ShCh7-NQBDmZ-e6McGDDqfZ9p0shed1

ピアノ、ベース、ドラムの伴奏なので管楽器やギター向けです。


アドリブのやり方については同じ再生リスト内「やってみようアドリブ」で解説しています。

「もっと詳しく聞きたい」とか「アドリブのレッスンを受けたい」という方、個人レッスンを受け付けております。
詳細はこちら
http://soundtreasure.livedoor.blog/archives/56843494.html



【サックスとfujiborn】
いつも同じ高さで楽器を構えることも上達には必要

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ツーファイブ練習用マイナスワン

ジャズの必須項目であるツーファイブを全キーで練習できるマイナスワン(カラオケ)をアップしました。マイナーツーファイブについても近いうちに作る予定です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL-ShCh7-NQBDmZ-e6McGDDqfZ9p0shed1

ピアノ、ベース、ドラムの伴奏なので管楽器やギター向けです。


メジャーツーファイブについての解説はこちら
https://youtu.be/kLbQju2T7Ks


ゆっくり目のテンポにしてあるのでフレーズの練習やスケール練習にご活用ください。



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さ重視で

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


演奏精度を高め、且つ時間短縮できる練習方法

4F771B4F-15CF-4746-8365-E0DDA708E66F


音楽教室に来られている生徒さん達のレッスン時によく感じるのが「練習のやり方を工夫すればもっと早く上達するのになぁ」ということです。

そこで、生徒さんに練習方法をお伝えする資料を作りましたのでブログでも紹介したいと思います。

これは僕がサックスを始めてからずっと続けている練習のやり方です。
曲の難易度に関わらず、なるべく短時間で、且つ精度が高い仕上がりになると思います。

1、楽譜全体を読む
シャープやフラットがどの音についているのか、キーは何なのか、単調があるかどうか、リピートやコーダなど、楽譜全体の構成を確認します。

2、レベルに合わせて区切りを設定する
簡単な楽譜であれば終わりまで区切る必要はないです。反対に難しそうなら2小節で区切っても良いでしょう。
全てを同じ単位で区切る必要もないです。「簡単な箇所は8小節で区切り、難しい箇所は1小節で区切る」というやり方でも良いです。

3、音符の長さに関係なく音を順番に演奏する
譜読みの苦手な方は特定の音程で詰まってしまったり、上手く音が出ないことがあったりしますので、先ずは音を順番に出すということに絞って練習をします

4、メトロノームを使用してゆっくり目のテンポで楽譜の通りに演奏する
区切った箇所をメトロノームに合わせて練習します。
その箇所がスムーズに演奏できるよう繰り返し練習しましょう。5回程度演奏してみて上手くいかないようであれば区切りの長さがレベルに見合っていないので、区切りを短くしましょう。

5、完成したら次の区切りを決めて同様に練習
ここがポイントです。
「完成」の基準は演奏をマスターするのにとても重要になってきます。
なんとなくそれなりに演奏できるのか、楽譜通りきっちりと正確に演奏できるのか、それによって最終的な仕上がりに影響します。
僕がレッスンでやっているのは「5回チャレンジ」です。
5回連続でミスなく演奏できたら「完成」としています。

6、次の区切りが完成したら1小節目から繋げて演奏
区切りごとの演奏が完成したら楽譜の頭から繋げて演奏しましょう。
この時も単に流れで演奏するのではなく正確に「完成」をさせましょう。

7、このやり方を繰り返して楽譜の終わりまで練習する
区切りごとの練習、繋げての練習を積み重ねていき、楽譜の終わりまで完成させていきましょう。
この時点で楽譜の前半はかなり精度の高い演奏ができるようになっている筈です。

8、楽譜全体をゆっくり目のテンポで演奏できるようになったら徐々にテンポアップ
少しずつテンポを上げていきましょう。

9、楽譜指定のテンポまたは目標のテンポでの演奏を完成させる
繰り返しますが「完成」が重要です。テンポがどのように変わっても正確な演奏ができることはとても大切です。

10、仕上がりの確認
「この楽譜は演奏できる」という基準は「数回に1度は正確に演奏できる」というレベルではなく「数回に1度ミスするかしないか」というレベルです。
仕上がりの確認として3回連続でミスなく演奏できるか確認してみると良いでしょう。


以上が僕のオススメする練習方法です。
一見かなり時間がかかりそうに思えるかもしれませんが、精度が高い演奏を短時間で仕上げていくにはとても効果的です。

〜完成レベルの演奏を繰り返すことで演奏の精度が格段にレベルアップします〜
「演奏できる」ようになったら更に繰り返し練習をしてみましょう。
数十回、数百回と演奏した曲は時として作曲者の意図まで感じ取ることができる場合があります。
また、繰り返すうちに「楽譜を演奏する」という次元から「自分の演奏」という次元へと変化していきます。



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • 絵の売り上げの半分くらいを寄付します
  • 11月のライブ予定
  • 11月のライブ予定
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 尾道商店街での演奏
  • 9月のライブ予定
  • 尾道をモチーフにした絵
  • 演奏精度を高め、且つ時間短縮できる練習方法
  • 4ヶ月ぶりのMISP
  • ジャズらしいフレージングのコツ
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • 絵を描いています
  • アドリブ解説動画
  • 7月のライブ予定