井上フヂヲ(開音ミュージック)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
開音に関する記事など

ツーファイブ

ツーファイブ練習用マイナスワン

ジャズの必須項目であるツーファイブを全キーで練習できるマイナスワン(カラオケ)をアップしました。マイナーツーファイブについても近いうちに作る予定です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL-ShCh7-NQBDmZ-e6McGDDqfZ9p0shed1

ピアノ、ベース、ドラムの伴奏なので管楽器やギター向けです。


メジャーツーファイブについての解説はこちら
https://youtu.be/kLbQju2T7Ks


ゆっくり目のテンポにしてあるのでフレーズの練習やスケール練習にご活用ください。



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さ重視で

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ツーファイブフレーズの解説

ジャズスタンダードでのアドリブに欠かせないのが「ツーファイブ」のフレーズです。

「ツーファイブって聞いたことはあるけどイマイチよくわからない」という方のために解説をしようと思います。

まず「ツーファイブ」とは、2と5。
で、なんの??
というところではないでしょうか。

この2と5の根拠はダイアトニックコードにあります。
例えば今回の解説ではCメジャースケールから構成されるダイアトニックコードを用います。

Cメジャースケールで構成されるダイアトニックコードは
CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5
(ジャズとしての解説なので3声ではなく4声にしてます)


そして、この中の2番目のDm7が「ツー」、5番目のG7が「ファイブ」です。
で、ツーファイブの後にはワンが来ますが1番目のCM7となります。


先ほども書きましたがCメジャースケールで構成されているのでアドリブに用いるスケールもCメジャースケールとなります。

では実際の譜例です。

先ずはシンプルに、CメジャースケールをDm7のルートから上昇し、次にG7のルートへ繋ぐため一旦下がり、今度はG7のルートから上昇。同様にCM7のルートに繋ぐために下がる。
という組み立てで以下のフレーズができます。
A8272538-0C87-4CDF-A109-677715206568


今度は下降してみましょう。
ルートからCメジャースケールで下降してコードが変わる前に一旦上がるというパターンです。
7319F9C5-152D-415E-BE9D-5C48959588DF


「でも、CDとかでこんなフレーズは聴いたことなーい」って感じるかもしれませんね。
それは、ジャズのアドリブ特にビバップなどのアドリブはアルペジオを多用するからです。

そこでこちらのフレーズ。
E13A836F-1190-4200-A607-D5F3836C94CF


いかがでしょうか?
コードトーンのアルペジオで上昇して次のコードのルートへとスケールで下降というパターンで組み立てたフレーズです。


更にジャズっぽく。
先ほどと同様にコードトーンで上昇してから今度はクロマチック(半音進行)で下降してルートへアプローチするというパターンです。
FE5278D7-C105-42E2-ADE5-E9DC484C1204


これならCDで聴くアドリブに近いイメージじゃないですか?

アドリブフレーズを作るのに、スケールだけで考えるとジャズっぽさを出しにくく、コードトーンだけで考えると機械的になりがちです。
スケールとコードトーン双方からのアプローチで「ジャズらしさ」が生まれてきます。


次回はマイナーツーファイブについて解説します。



【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆Fujio Inoue youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


マイナーのツーファイブの一覧表

9C49E5E4-46B4-4E69-B0E8-3CC5F00A1AB8


0449A7FB-0E6B-4803-8776-6327B0560AE1


マイナーツーファイブでのスケール選択はとても幅が広いので一覧表では最も基本的な解釈であるハーモニックマイナースケールとしています。

また、ハーモニックマイナースケールのままトニックへ解決とするとコードはImM7になりますのでトニックは外してIIとⅤだけにしました。



【サックスとfujiborn】
初心者はまずしっかりと息を入れて大きな音で演奏しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


メジャーのツーファイブの一覧表

スタンダードジャズのアドリブに必須のツーファイブ。

僕のレッスンでも必ず勉強する内容ですが、覚えるのはなかなか大変そうなので一覧表を作りました。

B96BB887-884A-4638-BE6F-2B64508BCAB3


961514F3-D9A1-447F-A660-8BA8C1957169


ご希望がありましたらPDFファイルでメールにて送ることもできますのでお気軽にご連絡ください。
メール treasure.hunter.inoue@gmail.com



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確性を重視で

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブフレーズ作り方の実例

「スケールはわかった」
「コードの構成音もわかった」
「だけどフレーズはどうやって組み立てれば良いの?」


ということで
今回はⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズについて、簡単なフレーズから実際に使用できるフレーズへと展開していく方法を解説してみたいと思います。


サックスで演奏できる音域で解説しますがもちろん他の楽器でも使えます。


│ Dm7 │ G7 │ CM7 │

Cメジャーのツーファイブです。


まず簡単な楽譜から
四分音符


Dm7のルートから、Cメジャースケールで下降しています。
5拍目がちょうどG音になりますので、2小節目の頭はG7のルートになり、そこからまた下降です。
9拍目でちょうどC音になりますので3小節目の頭がCM7のルートです。

さて、これでは初心者のスケールトレーニングのようで格好良くありません。
せめて8分音符でないと・・・。


そこで次のフレーズです。
8分-1


先ほどのフレーズとあまり変わりませんが「2度下がって1度上がる」フレーズになっています。
8分音符を使うことでスイング感が表現できますね。

でも、これもスケールトレーニングではよく出てくる音の流れですね。


なので次。
あるぺぎお


ちょっと不規則な音の流れに感じるかもしれませんが、コードのアルペジオを使ったフレーズです。

アルペジオで、1小節目はDm7のルートから4音、7thから4音ずつ下がり、2小節目はG7のルートから4音、7thから4音下がっていますので、それぞれ同じパターンでアルペジオを演奏しています。
アルペジオを使うことでジャズっぽいフレーズになってきました。


ではもう少しジャズのテイストを入れてみましょう。
半音


まずDm7のルートから下降するのですが7thへ下がるのに半音を挟んで下がります。音としてはメジャー7thですがここでは7thへのアプローチノートとして。
次に5度、3度と下がって今度は9th(E音)へと進んでいますが単純にCメジャースケールで隣の音へ下がったと思ってください。ポイントはその次の音です。♭9thを入れています。この音がジャズっぽさをぐっと引き出してくれます。
それからまた3度へと上がり、次の小節(G7)へ。
ここも1小節目と同じパターンです。ルートから7thへ下がるのに半音を挟んでいます。それから5度、3度と下がって。
次は#9thとしてA#音、そしてA音。ここも理論的に説明をすると#9thから9thということになりますが、3度から2度へ下がるのに間の音を挟んでクロマチックアプローチにしたと考えれば良いです。あんまり難しく考えたくないのです。
最後は3度へまた上がって、3小節目のCM7のルートへと繋いでいます。


4種類のフレーズを例として解説しましたがいかがでしょうか?
4番目のフレーズに関しては少し複雑だったかもしれませんが、半音の動きを入れつつも1拍目と3拍目にコードに含まれる音を使っていれば余程のことがない限り変なフレーズになることはありません。
是非、チャレンジしてみてください。



【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • 飲食店向けミックススパイスの販売
  • 飲食店向けミックススパイスの販売
  • 飲食店向けミックススパイスの販売
  • BEXX YONAGO 配信ライブ
  • BEXX YONAGO 配信ライブ
  • フヂヲのスパイシーで作るキーマカレー(挽き肉のカレー)
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 基本レシピで作ったカレー2品
  • 基本レシピで作ったカレー2品
  • 4月29日は米子
  • 明日は京都でライブです