井上フヂヲ(サウンドトレジャー・イノウエ)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など

プロミュージシャン

プロから見た楽器の上手い下手

初級の方が1年練習し続ければ中級の曲を演奏することはできます。
中級の方が1年練習し続ければ上級の曲を演奏することはできます。

時間をかければ多少レベルの高い曲もマスターできてしまうのが楽器の面白いところだとは思いますが、実際それをやって得られるのは「その曲なら演奏できる」という程度のこと。

レッスンでは1曲をマスターするのに2~3ヶ月を目安にしています。
生徒さんのやりたい曲をやるようにはしているものの、レベルからかけ離れている曲に関しては「もう少し上達してから」と言うようにしています。


テレビで「芸能人が全くの初心者から楽器を演奏できるようになる」という企画がありますが、あれは「その曲を演奏するためだけの技術」をレクチャーしているので不可能ではありません。
しかし「その曲」だけのためのレッスンですから恐らく全く応用のきかない状態になっていると思います。
企画ですから、その曲だけできれば問題ないですよね。


音楽教室のレッスンでお伝えしたいのは「楽器を演奏することの楽しさ」です。
色んな曲を自由に演奏できるようになることが大切だと思います。
より多くの曲を演奏するには「短期間で曲をマスターできること」だと考えています。

多くの曲を演奏することで「演奏におけるパターン」のようなものがわかってきます。
バラードにはどんな表現が合うか、ハイテンポな曲はどんなタンギングが合うか。
様々な曲で様々なニュアンスを知っていくことはそのまま「音楽のセンス」として体に染み込ませることができます。


難しい曲も時間をかければマスターできますが、それよりも簡単な曲を美しく演奏できることのほうが重要だと思います。
例えばライブで10曲を演奏するのにずーっと難しいフレーズばかりを演奏することはないので。


プロが着目するのは「曲をどれだけ自分のものにしているか」です。
2年間猛練習してマスターした曲ではなく「自分のレベルに見合った曲で自分らしい表現をどれだけできているか」です。

例えば演奏の仕事では当日に、ギリギリな場合では本番開始直前に楽譜を渡されることも珍しくはありません。
1時間程度練習して本番とかMCの間に譜読みをしながらどういった表現をするかイメージ作りをしたりです。更にはメインのミュージシャンやバンドに合った表現で演奏をする必要がありますから、そうなってくると自分の中にある演奏パターンの多さが必要になってきます。


期間を短く、且つただ楽譜通り演奏するだけではなく曲に合わせたニュアンスを自分なりに表現してみることが大切です。

アマチュアの方が「難易度の高いこの曲が演奏できます」というのをプロミュージシャンは「ほー、凄いねぇ」と言いつつも、どのくらいの期間で習得したのか、どんな表現で演奏するのか、そっちに興味があります。


本当の楽器の上手さは
・短期間で演奏できるようになる
・ただ楽譜の通りに演奏するのではなく自分なりの解釈での表現ができる
という部分に重点を置くのが良いです。



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視

◆井上フヂヲyoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/fujiborn206
◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/



ライブ中は力を抜く

ライブ中の自分の心理状態はそのままお客様の心理状態と結びつきます。

「一生懸命に演奏する」と文字にすると一見とても良いことのように感じるかもしれませんが、一生懸命になり過ぎて力の入った演奏はお客様も力が入ってしまいますので音楽を楽しめる状態から離れてしまいます。


10年ほど前、僕がプロサックス奏者として活動を始めて間もない頃はライブ中どうしても力が入ってしまってました。

「上手いと思われたい」
「いいとこを見せたい」
「目立ちたい」

今思えばどうにも恥ずかしい考えを持っていました。

こんな気持ちで演奏していれば力は抜けませんし、楽しめませんし、ミスも増えてしまいます。


ある時ふと思ったのが「誰よりも楽しみながらライブをしよう」ということです。

できる範囲で自分の演奏をし、余裕の持てる範囲内でソロをする。


このような考えでライブに取り組むようになってから、演奏レベルが上がっていくのを自分でも実感できましたし、共演者やお客様からも「前より良くなった」と毎回のように言って頂けるようになりました。


練習は一生懸命
本番は楽しく



演奏はスピーチと似ています。

熱くなり過ぎる人の話よりも穏やかに話す人の話のほうがリラックスして長い時間聞けるのと同じようなものだと僕は思うのです。










【サックスとfujiborn】
速いパッセージほど音色を重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

プロミュージシャンがやらないこと

稲葉浩志さんのソロアルバムに参加したギタリストの関将さん、渡辺貞夫さんのバンドに参加していたベーシストの水橋孝さん、山下達郎さんのバンドでベースを弾いている日本を代表するベーシストの伊藤広規さんなど、様々な一流プレイヤーさん達と共演させて頂いている中で共通していること。

それは、
「確実にできないことはやらない」

アマチュアほどできないことをやりたがります。そして「今日初めてなんで失敗しました」とお客さんに言います。だからアマチュアなんだと思います。
プロミュージシャンはお客様のことを一番に考えている。だから失敗する可能性のあることはやらない。作品としてちゃんとしたものだけを聴かせる。

相手のことを考えられる演奏。だから聴く人は感動し、そのプレイヤーを一流と呼ぶのだと思います。

IMG



~~~演奏依頼・音楽教室・お問合わせはこちら~~~
treasure.hunter.inoue@gmail.com

【サックスとfujiborn】
サックスの曲をできるだけたくさん聞いてください。あなたの想像しているサックスよりももっともっと素晴らしい魅力が沢山見つかると思います。

◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
ギャラリー
  • 基本レシピで作ったカレー2品
  • 基本レシピで作ったカレー2品
  • 4月29日は米子
  • 明日は京都でライブです
  • フヂヲカリー研究所のラインナップ
  • フヂヲカリー研究所のラインナップ
  • フヂヲカリー研究所のラインナップ
  • フヂヲカリー研究所のラインナップ
  • フヂコのチャイ、明日から販売します
  • フヂコのチャイ、明日から販売します
  • フヂコのチャイ、明日から販売します
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの
  • 最近作ったもの